41歳 気づけばすっかり子育て主婦。


by bolero74

カテゴリ:ひとりごと( 90 )

ゆきおばちゃん

今日ゆきおばちゃんのお見舞いに行った。

わざわざ東京から新幹線で駆けつけた、駆けつけたいと思う程、ゆきおばちゃんがもう長くないと聞いた時、悲しかったから、会っておきたい、あなたの事を心配している、という想いを伝えたかったから、なのだが。

実際は、ゆきおばちゃんは、穏やかだけど苦しそうで。笑顔をみせてくれて、子供の写真や話を喜んでくれたけど、やはり苦しそうだった。

感傷に浸る隙を与えない、現実に迫っている死と穏やかに闘う姿、がそこにはあり。

何となく、死とは激しく闘うものだというイメージだったけど、白鳥が優雅に湖に浮かびながら、水面下では必死に足で水をかいているように、一見すると静かに見えるけど、でも苦しみと闘っている、そういう姿でした。

ゆきおばちゃんはオシャレにうるさい人だから、と、センスの良いブーケを探していた自分が浅はかに思えた。

私が最後にかけた言葉は、頑張って、だった。94歳の、人工呼吸器を拒んでいる人にむける言葉ではないんだろうけど、苦しそうなゆきおばちゃんに、他にかける言葉がみつからなかったのだ。

こういう時、いつも、後で自分の発言を後悔する。なのに、必ず何か言わなくてはいけない気がして、瞬間浮かんだ言葉を言ってしまう。思慮深い言葉をかけられる人になりたいんだろうなぁ。でも、出来ないなら、いっそ、黙ってりゃいいのに。

どうせもう長くないなら、余り苦しまず、穏やかに死にたい、死なせてあげたい、と思うのも、やはり浅はかなのだろうか。

世の中、実際に自分がその立場にならないとわからない事だらけだなぁと、歳をとる程に感じる。
[PR]
by bolero74 | 2015-10-04 19:03 | ひとりごと

いないいないばあ

昨日ベビーが、わりとはっきり、「いない いない ばあ」と、二回話した。

上の子も、初めての言葉はいないいないばあ だったんだよな〜。

なんだか二重に感動。
[PR]
by bolero74 | 2014-04-03 01:55 | ひとりごと

誰のために

人が自分のためだけに生きている(気がする)時間って、実は短い、と最近思う。

子供の頃は、何となくだけど、親のために生きてる気がしてた。

悪いことすると、親が悲しむ、て思うし、親のために勉強頑張ってみたり。

そのうち、親のため、から、自分のため、に行動の主体はうつり・・

子供が出来た今、私は子供を守り、育てるために生きている。

出産後も自分のために生きていると思っていたけど、いつの間にか違っていたみたい。

これはいつまで続くのだろう。

子供は、自分の子供が出来た時に、親になった時に、本当の意味で親離れする。

子供に対する愛情は、親への愛や感謝の気持ちを遥かに上回る、絶大なものだから。

女だけだと思うけど。。

母性本能って、すごい。こわい。
[PR]
by bolero74 | 2014-03-04 00:18 | ひとりごと

そういうものなんだ

人は自分のことを知らない。

私はよく、映画で爆発しそうな車から脱出する場面を観ては、私は、我先にと一刻も早く逃げ出そうと、パニック になるだろうと思っていた。

しょっちゅう娘にキレてしまう自分に、母性はあまり無いタイプだな~なんて思っていたし、流産した時も、思ったより悲しかったけど、仕方ない、と、割とすぐに割り切れたので、母性愛なんてそんなもの、と思っていた。

だから、今回の事故で、私が一番驚いたのは、ベビーが無事な姿を見た時に、心から安堵して、それで全て終わりでいい、と思ったこと。

それ以外、何もなかった。

生まれて初めて、自分の命を放棄した瞬間だった。

これが母性本能なんだろうな。

今じゃ、動物番組で、母親が命がけで子供を守るのを観ても、そうなんだろうな、と思う。
[PR]
by bolero74 | 2014-03-03 23:53 | ひとりごと

事故

2014年1月24日。

車で転落事故。

3.5mの崖から転落し、今まで生きてきて初めて死を身近に感じた。

ゆっくりと車体がスローモーションで落ちていくのを。

目の前の柵がパタパタと落ちていき、
薄い雲の散らばった、水色の空が見え、
お願いだから、嘘と言って、夢であってほしい、と願い、
枯れ草の広がる斜面に落ちていくのが見え、
ああやっぱり夢じゃないよね。。この先どうなっちゃうんだろうと思い、
私の、前にクロスする両腕と、その間から銀色のエアバッグが飛び出てくるのが見え、
エアバッグ、ちゃんと出るんだ・・銀色なんだな~と思い。。

視界は狭くなり、方向感覚がなく、自分がどういう状態か全くわからない。

後ろで、助けて という声が聞こえて、一緒に叫んでみるけど、声は車内にこもって、外には聞こえないな、と判断。加えて、助けて、というと、恐怖心がでてきそうで、やめる。

細かい硝子の破片と、潰れて飛び出たカーナビと、白い煙のようなものが見え、もしかしたら爆発するかも、と思う。
シートベルトを外そうとするが、外れない。

足が偶然、クラクションに当たり、プ と音がでたので、これだ、と思い、鳴らしまくる。

Kちゃんに、車から出れるようならとにかく逃げて、と言う。そして、出来ることならベビーを連れて出てほしい、とお願いする。

これで死ぬのか。。死って、こんなにあっけないものなのか。と、拍子抜けする。

シートベルトは外れない。

Kちゃんが、ベビーを抱っこして外にいるのが見え、安心する。

あぁ良かった、ベビーが無事で。

もう いいや。良かった、ベビーが無事なら、それでいいや。と思う。

少し一息つく。

自分の淡白さに意外だな、と思いつつ、いやいや、あかんやろ。脱出せな、と、思い直す。

爆発はしなさそうだけど、腰が尋常じゃなく痛い。

このままの姿勢はマズい、と思う。

再びクラクションをならし続け、駆けつけた人にシートベルトを切ってもらい、車から這い出る。

Kちゃんに謝る。

すぐにベビーのところへ行きたいが、腰が痛すぎて、歩けない。
無理をしてはだめだと思い、車の横に倒れ込み、目を閉じる。

車を出てからは、Kちゃんとベビー意外、目に入らなかった。
ベビーを目で追うばかりで、車を一度も見なかったので、転覆状態だったと、後で聞かされて知った。

怪我は、私は腰椎圧迫骨折と、胸椎2本ヒビ。
Kちゃんは 上顎ヒビと、前歯一本抜けた。

ベビーは無傷。。

神様、本当に感謝します。
そして、ベビーシートの偉大さに感服です。
[PR]
by bolero74 | 2014-03-03 23:31 | ひとりごと

急に…

ベビーが、7ヶ月に入って少しすると、急に夜に寝るようになりました。

産まれてから今迄、昼寝はするけど夜は必ず2、3時間おきに泣いていたのに。

ここ数日、夜中に一度、泣いても、おしゃぶりですぐに寝、4時頃に一回授乳するだけに。

2時間おき、酷い時は毎時間授乳で、座ったまま寝てたり、夜明けにフラフラになってたりしてたのが、嘘のよう…。

夜泣きしてもおっぱいをくわえさせるのをやめて、おしゃぶりにし、沿い乳はやめ、あと、寝間着の上にスリーパーを着せて寝るようにしたら、急に!でした。
おしゃぶり、もっと早くから活用すればよかった…。
急な変化に私の方がついていけず、何度も目を覚ましては、寝ているのを確認する始末。
おっぱいの方もパンパンになるし。

でも、これでようやく、夜、自分の時間が作れそうです。
[PR]
by bolero74 | 2014-01-20 22:02 | ひとりごと

年の瀬

あっという間に一年が終わった…。

ベビーはハヤ、6ヶ月。
相変わらずめちゃめちゃ可愛くて仕方ない〜!

今旦那と上の子はお寺の鐘を突きに。
私は風邪ひいて熱っぽいのでベビーと留守番。
ベッドで寝てます。

去年の今頃は切迫流産で寝てた事を思うと、横で寝ているベビー、無事産まれてきてくれて、感謝!&改めて生命の神秘に感動…。

来年は家族皆で初詣行きたいな〜。
[PR]
by bolero74 | 2013-12-31 23:49 | ひとりごと

従兄弟の死

6月11日、ベビーが産まれる前日、従兄弟のお兄さんが亡くなりました。

まだ40代。

胃がんで、発覚から半年でした。

親戚は誰も知らされておらず、突然の死。

子供は高校生と小学生。

関西なので、私はお葬式には参加できず。

出産のヘルプに来ていてくれた母だけ急遽帰省。

もう何年も会っていなかった従兄弟のお兄ちゃん。

最後に話したのは結婚のお祝いのお礼の電話をした時だったなぁと思い出す。

そして、なんでこのタイミングで・・と。

もう産まれそうなのに、母に帰省されたら困るな。。と思った。

母が、「帰らないよ」と言った時、ホッとして、そしたら急にお兄ちゃんの死が悲しくなってきて、しばらくないた。

勝手だなぁと思いながら。

結局、旦那のお義父さんが来てくれることになり、母は一日だけ帰省。

その日に赤ちゃんが産まれました。


お悔やみの電話をした時に、おばちゃん(お兄ちゃんの母)が私に言った。

親より絶対先に死んだらあかんよ。

うん、そうだね。
[PR]
by bolero74 | 2013-06-15 20:24 | ひとりごと

ひさしぶりに・・

すっごい久しぶりに自分のブログ、そしてちょくちょく遊びにいってた方たちのブログをのぞいてみました。

今週レーシックを受けようかな~と思ってるので、その体験談を書いて割引がほしいな~という不純(?)な動機でのぞいたブログでしたが、なんだか懐かしい。。

自分は放置しておきながら、まだ続けている方のブログを読んで、ホッとしてみたり。笑。

やっぱ今後またちょくちょく更新しよう~。
[PR]
by bolero74 | 2011-04-12 01:26 | ひとりごと

母のオーラ?

今日、昔の会社の後輩くんが遊びにきてくれました。

昔はよく職場の皆で毎日のように飲みに行って、酔うと少し(?)タチの悪くなる私をなだめてくれてた後輩くんからすると、私が子供を産んだのが信じられないことみたいで。。

うちに来て、玄関でBabyを抱っこしてる私を見るなり、「うわぁ お母さんや」と、仰天してました。

結婚と出産のお祝いに、と、Veuve Clicquot のシャンパンとグラスのセットをもらいました。

最近お祝いといえばBabyの服やグッズしかもらってなかったので、(これはこれですっごく嬉しかった!!)自分あてのプレゼントがやけにしみました。
&飲んでた頃の自分を思い出して、懐かしかった~。

授乳が終わったら、結婚記念日にでも飲もう~♪

とりあえず今日は ノンアルコールビールで雰囲気を楽しみました。

後輩くんが帰った後、メールで 「母になってた?」 と聞くと、「びっくりするくらい母だった」と返ってきたので、イイ意味?悪い意味?と、少し気になって、「どこらへんが?」 と聞くと、

「オーラが!」

と返された。

上手く逃げたなぁ。

オーラか。。。

a0083864_23571035.jpg

[PR]
by bolero74 | 2009-10-09 23:23 | ひとりごと