41歳 気づけばすっかり子育て主婦。


by bolero74

カテゴリ:翻訳( 15 )

久々のトライアル提出

9月末に派遣でやっていた日→英翻訳の仕事を辞めてから、しばら~くやっていなかった翻訳。
11月頃からようやく体調が良くなってきたのでやるぞ!と思いつつ、結局課題を途中までやっても提出しなかったり・・と、中途半端な状態でした。

机に向かえる時間が限られてるのと、(PCにむかっているとだんだん気分が悪くなる)毎日の家事一つ一つがゆっくり&休みながらしか出来ないので、そっちに時間をとられてしまうこと、あと、天気&体調の良い日は散歩やヨガを優先させていたこと・・と、言い訳はたくさ~んあるのですが、まぁ結局やれてなかったということです。

でも、今月はアメリアの日→英翻訳のトライアルを提出しました!

締め切りの少し前に酷い貧血になってしまって作業を中断したので、満足のいく出来ではなかったんだけど、なんとか締め切り日に形にして提出しました。
酸欠で朦朧としながらやったので、結果はあまり期待出来そうにないんだけど、とりあえず久しぶりにトライアルを仕上げたことに満足♪
実家に帰ったのでフリーの時間や休める時間が増えたことと、私的には英→日より日→英の方が面白さを感じるので、しんどいながらもやる気になれたのかも。。

この勢いで出産までの残りの日々も合間を見つけて翻訳しよ~っと。

実家に置きっぱなしにしてた、アメリカの高校で使ってたアメリカ合衆国の歴史の教科書(向こうでは教科書は持ち回りで何年も使うので、古いのを先生にもらった)を改めて読むのも良いかも。歴史の勉強になるし、日→英翻訳するには沢山の英文をとにかく読まなきゃね~。

ちなみに向こうの歴史の教科書は、物語のようになっていて、B5サイズくらいで760ページもあるのです。(他の科目も似たような感じ。) 日本のように要点だけがまとまっている教科書とは全く違う。そりゃアメリカ人、essey上手なわけだわ。。
[PR]
by bolero74 | 2009-01-23 00:06 | 翻訳

納得の翻訳は?

久々翻訳の話。。笑。

最近の日→英翻訳の壁は、どこまで忠実に日本語を英語にするのか、ということ。

日→英のマニュアル翻訳って、一語一語、語順や単語は日本語そのままでなければいけないのか?

マニュアル翻訳は基本的に、原文に忠実に訳さなければならない、ということはわかってはいるけど、日本語の説明は主語や前述内容を略していることが多く、そのまんま英語にすると、不自然な言い回しになってしまうことがしばしば。。

そもそも、マニュアルがちゃんとした日本語で書かれていれば、特に問題なく翻訳できる(はず)なのだが、助詞が適当に使われていたり(単語が全て「の」で繋がれている(一番多いパターン。。))、ひどいときは日本語自体が全く意味不明なことも。

わけのわからない日本語をそのままわけのわからない英語にするのは簡単。
そこから意味の通じる英語にするには、時には単語や説明を足さなければならない。
でも時には「意味的にはそうだけど、翻訳じゃない」と言われ、時には「ここにはもっと説明が必要」と言われる。

どうせぃっちゅーねん!!

社員の人は自社製品の翻訳だから どういう時に補足が必要でどういう時に必要ないのかわかるのかもしれないけど こっちはそんなの曖昧な指示じゃわからんわい!!

むこうもそんな事情がわかってるからか、単に時間がないからか、内容を一つ一つ言ってこない。
一度「ここはどうして?」と聞かれて「ここは○○を参考に、ということだったのでそこから応用しました」「あ~なるほど。。そういう解釈ね~」とかいう会話をした後は、ぶつぶつ独り言を言いながら手直しを始めた。

いつもこうなんだよな~・・

指示はすっごく曖昧で、「適当に」みたいな言い方されるんだけど、最後にブツブツ言われながら手直しされる。
もともとカンペキ主義で、自分の好きな文章じゃないと全部直す、だから他の社員が翻訳の大半を外注に出す中、その人はほとんど外注に出さず、自分で訳す。当然時間が足りなくて毎週末休日出勤。

カンペキ主義なのは勝手だけど、こっちはストレスたまるわい~!!

・・・て、気がついたらNさんのグチになってたのでした。
[PR]
by bolero74 | 2008-01-29 23:52 | 翻訳
派遣で翻訳を始めて12月でちょうど1年。

なんだか早かったような長かったような・・・。

幸い今の職場は嫌な人が居ず、(特に気が合う!!て人もいないけど。。)職場にも馴染んだことで翻訳に対する変な気負いもなくなって、(それでいいのか?苦笑)後半はのらりくらりと過ごしてきました。

基本的に日→英で、半導体関係のマニュアルなどがメインの仕事。
今思えば最初は多分間違いだらけで使い物にならない英語を書いてた(今も全然だけど・・)し、wordも使いこなせてなかった。よくクビにならなかったなぁ~と、私の担当してる主任さんに感謝。。

翻訳会社ではなく、メーカの翻訳部門なので、編集、チェック、翻訳、が全部混じった仕事で、翻訳ばかりをやるわけではなかったんだけど、日→英のスキル&半導体関連の知識を求められる翻訳は難しく、最初はそれくらいからのスタートが丁度良かったんんじゃないかな~と思う。

仕事の割合的には日→英が95%、英→日は5%くらいだったかな。
今いる部署は基本的に日→英なので、 英→日はみんな苦手らしく、たいがいは英→日は外注にだして、内部ではチェックのみ。
私も何度かチェックはしたけど、外注に出している翻訳者のレベルは基本的にかなり高いな~という印象。読んでいて、上手に訳すなぁ~!と感心することが多々あった。

でもチェックだけじゃ翻訳力は上がらないよなぁ。。 なんとなく慣れることはあっても。。

アメ○アは去年にAを早々に取れたから余裕でクラウンなれると思ってたら、あと1点でA、あと2点でA、とかの連続。。くそ~甘くみてたぜ。10月頃の課題も提出したけど、また同じパターンになっちゃいそうな予感が満載だわ。そうなるとまたやり直しだ。。(ガックリ)

来年は、やっぱ英→日をやる頻度ももう少し、せめて1ヶ月に1回にあげなきゃなぁ~。。(少な!笑) 今の生活にもだいぶ慣れてきたから去年よりは余裕あるはず。。
でも平日は帰る時間結構遅いから週末に限られるんだよなぁ~・・。

平日は仕事兼勉強で日→英を毎日やってる、という大義名分に甘えてしまってる気がする。

よし、来年は 1日/月は必ず英→日翻訳に費やすことにしよう!
貴重な週末を使おう!(なぜか恩着せがましい私。。)
[PR]
by bolero74 | 2007-12-02 01:57 | 翻訳

定例トライアル

恒例のアメ○ア トライアル、前回惜しくも1点差でAを逃したので、今度こそ!と、今回の課題に張り切って取り組んだのですが・・・

今回のは 難しかった。。気がする。。

やりながら、Aを取れる気が全然しなくて、でもAをもう一度1年以内にとらなきゃクラウンになれないし・・てことでほぼ無理やり。

お休みを取ってた火曜の昼にじっくりやろうと思ってたんだけど 親知らずを抜かれて集中力ゼロ。しかも帯状疱疹になってたわけで。笑。

とにかく仕上げたけどやっぱり自信がなかったので、夜帰ってきた彼氏に日本語を見てもらって、結局出来上がったのは夜の2時。

次の日会社でお昼時間とかにプリントしても一度チェックして出したけど・・微妙なとこだなぁ~。こんなことなら、簡単だった前回のトライアルの時にもっとじっくりやればよかった。

初めてAを取ったのが去年の10月で、今回を逃すと次はまた10月なんだけど、今年の10月にAを取れたらそれも「1年以内」という判定にしてくれるのかな~?

普段仕事では日→英ばかりやってるので、英→日翻訳するのって、このトライアルの時くらいなんだよなぁ~。 そんなんで翻訳力が上がるわけもなく、逆に毎回苦しい。。

英文法の勉強、英文ライティングの勉強、そして日本語の文章力の勉強、この3点を同時に勉強するの、ムズカシイ。。
さらに今仕事でやってる半導体関連の知識もある程度つける必要があるし。。

トライアルとか受けると 勉強しなきゃ!て思えるからいいですね~(て、毎回言ってる気もするけど。)

ただ、平日は仕事でもう 英語はいっぱいいっぱいなんだよなぁ~。見たくもなくなるから頭に入ってこないし。
帯状疱疹になるってことは、ストレスたまってるみたいだしなぁ~。なんかイイストレス解消法もみつけなきゃぁ~。

なかなかバランスが難しい。。
[PR]
by bolero74 | 2007-06-22 23:04 | 翻訳

仕切りなおし

なんか いろいろたまっているようで。。笑。

先週、5月に1人で手がけてたドキュメントの最終チェックをかけたんです。

まずは ネイティブのチェック。 アメリカ人が私の書いた日→英翻訳を読んで、おかしいところがないかをチェック。 
結構自信ない箇所が沢山あったので、正直どんな風に返ってくるのか、ドキドキだったのです。。 
すると・・

意外にも あまり修正箇所なし。
たま~に the が抜けてたりとかで、大幅は修正はナシ。

あり?! と拍子抜けしたものの、 へ~こんなんでいいんだ? という気持ちから、→やるじゃん、私! そして →日英、意外と楽勝だな! と、どんどん調子こいていったのでした。

その後、社員の最終チェックへ。。

すると 

原稿は真っ赤に修正!

ほとんど原形をとどめてない箇所も多々・・

なんだよぉ~ アメリカ人が良いって言ってんだからいいじゃん!!
なんて 悔しまぎれに思いつつ、修正文を読んでみると、確かに、その方がいいよね・・という部分も。
日→英も、英→日と同じで、翻訳って、ただ 意味が通じればいい てもんじゃないですもんね。チェック担当のアメリカ人は、ただ意味が通るかどうか しか見てないので、逆にチェックが甘くなるみたい。
ただ、私のサポートしてる社員さんは 自分の好きな形の英語でないと納得いかないらしく、他の社員さんがOK出している部分までも修正かけてたので、多分やりすぎなんだろな。。

久々真っ赤に修正された自分の英語を見て、こいつはやりすぎのところがある・・とわかっていながらも、やっぱ 少し凹んだ。 笑。

でも、おかげで 自分の基本的な文法、特に冠詞に関しての意識の甘さを痛感することが出来た。 今まで正直、適当・・というか、ほとんど勘で書いてた(翻訳者失格!!)のが あからさまに浮き彫りになったのでした。

帰って早速、途中までやってほったらかしにしてた 英語のENGLISH GRAMMARの本の冠詞部分をチェック & アメ○アの今月の課題に取り組む。

週末に英語の勉強(?)したの、久々だなぁ。。 
最近アメ○アも全くやってなかったし。 今月の課題取り組む前に、前回ギリでA逃した課題文の見直しさえしてなかったので、そこから始めました。

いや~ すぐ楽な方にはしってしまう私みたいなタイプの人間には、凹むこと や 危機感を持つことは大切だな~と 改めて思いました。

今月のアメ○アの課題、頑張るぞーー!!
[PR]
by bolero74 | 2007-06-04 00:58 | 翻訳

情報管理で自宅訪問?

今働いている会社は某大手電機メーカのグループ会社で、翻訳や仕様書作成など、文書作りを専門でやっている所です。

で、私のような派遣を結構雇って社内で翻訳もしてるのですが、それだけでは足りず、馴染みのフリーランスの翻訳家や翻訳会社に外注もしているようです。

・・・と、今まではやってきてたみたいなんですが、

なんでも最近親会社の方で、個人情報の漏洩があったらしく、急に情報管理に関して厳しいチェックが入るようになりました。

で、個人でやってる翻訳家に外注する場合には、なんと 社員が自宅まで行って、翻訳に使用するPCの環境管理(共有ソフトを使ってないか、私用PCとして使用してないか、等)をチェックしなくてはいけない、という事になったそうです。

自宅訪問て。。。 プライバシーの侵害 とかにはならないのでしょうか??

家が仕事場なワケだから、プライバシーの問題ではないのかな?

社員さんがその話をすると、何人かの翻訳者達は、仕事を断ってきたらしい。

そりゃそうだわな~。。 

文書での確認や誓約書を交わすなら 分かるけど、自宅訪問て。。 

それとも 最近はそこまでするのが普通なんでしょうか?

ちなみに、自宅訪問までしなくてはいけないのは フリーランス の場合で、たとえ同じように個人翻訳家でも 有限会社 としている人はOKらしい。

そんな話を聞くと、翻訳力どうこうの前に、フリーとしてやるにはまだまだだなぁ などと思ってしまう。

トライアルとか、ノートPCをダイニングテーブルに置いてやってるし。。

最近会社で使っている大きいモニターのPCに慣れてしまったので、家のノートはすごく小さく感じる。
何時間も作業することを考えると、ちゃんとした環境を整える必要があるなぁと 改めて思いました。
[PR]
by bolero74 | 2007-05-16 23:54 | 翻訳

手抜き翻訳

先日久しぶりに英→日翻訳のチェックをしました。

2ヶ月ほどかけて社員さんと1000ページ以上あるマニュアルの英→日翻訳をしてたのですが、一部はフリーの翻訳者さんに依頼をかけていて、その分のチェックでした。

マニュアルは もう最終段階で、あと数ページのチェックだったので、楽勝かな~♪と 思ってたのですが。。

上がってきた翻訳は、ひどいものでした。。

その翻訳者さんは 社員さんのお気に入りの翻訳者さんらしく、技術的な知識があるのとTRADOSを持っているということで、かなり信頼関係がある人でした。
以前にも その人の翻訳をチェックしたことはあったんですが、その時は、さすがだな~ と感心するばかりで、チェックする箇所がほとんどなかったのです。

ところが 今回は、 ほんとに同じ人がやったの? と、疑いたくなるような ひどい翻訳。
数ページしかないのに、同じ英語の繰り返しを訳したところさえ、違う翻訳になっていたり、口語がまじっていたり・・。 見直しさえしてないんじゃないの? というもの。

あまりにひどくて笑ってしまったのが、 It may be・・・ という文章を、 "・・・となるかもしれません"と訳していたこと。 製品のマニュアルでそれはないだろー!! "・・・となる可能性があります" ぐらいは書けるでしょ!!と。 
その他にも、挙げだしたらキリがないくらいレベルが低すぎて、チェックというよりは、ほとんど書き直しに近い作業でした。結局一文ずつ じっくり考え直さなくちゃいけなくて、すっごい時間をとってしまった。
こんなにヒドイ出来なら、翻訳出す意味全くないな~ とまで思いました。

社員さんに、 今回の分、あまりにヒドイ出来なんですけど、どうしたんでしょうね? と 聞いてみたら、どうもその翻訳者さんの旦那さんが海外に転勤が決まってバタバタしてるんだとか。

社員さんは「大変なんだろうな~」と言ってたけど、私だったら その人への仕事の依頼は、今後考えるな・・と思いました。

イイ時と悪い時の差があまりにあると、手抜きしたな と すぐ分かりますね。
そして 手抜き翻訳を手直しする大変さがよくわかりました。 すっごい迷惑!!

自分がフリーでやる時は、気をつけよう・・と 思えてよかった。


ちなみに翻訳チェックは日本語だけ読んだほうが、英語につられずに日本語の文体だけを追えて、やりやすいですね~。
誤訳がないという前提のときだけだけど。
[PR]
by bolero74 | 2007-03-29 00:01 | 翻訳

美しい~英語

毎日 毎日、ホントに英語づけな最近です。

2週間程前から 今まで仕事をふってくれてた社員さんと別の社員さんの仕事をするようになりました。 その社員がキャパオーバーになってるのでとりあえずのヘルプという形でつくことになったんです。

今まで仕事をくれてた社員さん(♀)は 最初からずっと教えてくれてた人で、すっごく色んな意味で細かいんですが、仕事の量や内容はそこそこの物をまわしてくれてました。

ところが 新しい社員さん(♂)は、最初に渡してきた仕事はすっごくあっさり終わったので安心してたら、次はいきなり100ページ以上にわたるマニュアルを渡してきたのです~。
しかも、たいがいマニュアルって旧版からの流用が大半で、新規翻訳はそんなにないのに、これは 新規翻訳がめちゃめちゃ多い!!

内容自体は 前の社員さん(♀)の文書内容よりは難しくないんだけど、そんなに大量の英訳を任されたことなかったので、いいのか?! これでいいのか?!と思いつつ、とりあえず 英語にはしてます。 苦笑。

英→日翻訳と同じで、英語にすることは出来るけど、明確で美しい英語が書けてるかというと・・ 正直、疑問です。
最終的には アメリカ人のチェックが入るので意味の間違いはなくなるんだけど、こんなチンケな英語でいいんだろうか?と 恥ずかしくなる。。 アメリアで英→日の翻訳力は確かめられるけど 日→英 は確認が難しいよなぁ~。

私が作った文書を前の社員さん(♀)が最終版にする際に、こっそりきれいな英語に直して出してるの知ってるし。。で、その直した後の英語が とっても明確かつ美しい英語で、う~ん まだまだだなぁ・・と 悔しいけどいつも思うんだよなぁ~。

そんなレベルの私が こんなに大量の英訳をやっていいのだろうか・・?!
つーか、大量にありすぎて 頭がおかしくなるぅ~~~!

美しい英語が書けるようになる本とか、ないもんですかねぇ。
いつか あの社員さん(♀)に負けないくらい 綺麗な英語を書けるようになってやるぅーー!
[PR]
by bolero74 | 2007-03-22 23:38 | 翻訳

日⇔英

今の仕事は基本が日→英なんですが、最近英→日の大量ドキュメントを受注したらしく、担当の社員の人と2人でせっせと取り組んでました。

英→日は アメリアの特訓(?)にもなるし、ちょうどいいわ~と思ってやってたんだけど・・気がゆるむせいか、大量にありすぎてげんなりするせいか、チェックもしなきゃいけないせいか・・・

すっごい眠くなる。。。

ほんと、この2週間ほどは、毎日睡魔との闘いでした。。

なんとか寝ないように、しょっちゅう席立ってウロウロしたり、濃い~コーヒー飲みすぎて気持ち悪くなったり、目薬さしたり、BLACKBLACKガムかんだり。。 全て成果上がらず、でした。涙。

で、今日は久々に 日→英の仕事。

久しぶりに日→英やると、ムズカシ~~~!!

もちろん英→日も まだまだ全然出来ないのですが、そっちに慣れてきてたのと、やってるのが技術文書なので、英語だとはっきり説明してくれる内容が、日本語だと曖昧で、日→英は ホント、難しい!
よくわからない曖昧な内容を はっきりとした英語に訳すのは辛いですわ。。

あまりにムズカシすぎて、眠くなるヒマもありませんでした。笑。

日→英は、英語力の問題というより技術力の問題で、英→日は、日本語力の問題 という気がします。

う~ん。。二兎を追うものは・・と ならないか、チョット心配。

 
[PR]
by bolero74 | 2007-03-02 00:08 | 翻訳
翻訳会社のア○リアが毎月行ってる定例トライアルで、初めてA評価を取れました!!!

10月に提出したトライアルの結果が昨日返ってきたのです~。
(いつも思うけど、遅すぎ。。)

5月頃に入会してから、今回でトライアルを提出するのは3度目でした。
少ない?と思われるかもしれませんが(確かに少ないんだけど)、途中までやってもイイ評価取れないな~と思った分は提出してなかったので ・・と、言い訳。

今までB評価、チョット手抜いた分はC評価、だったので、今回のA評価はかなり嬉しい!!

就活中に落とされて少し凹んでたテンションも一気に回復しました。
逆に、落とされたのはあのチビ男のせい?なんて頭よぎったり。笑。

英→日は無理なのかなぁ~とも少し思ってたんですが、頑張ればいける! という自信になりました。

一年以内にA評価を2回取れれば クラウン会員の称号(?笑)を与えられて、応募できる求人の幅が広がるので、頑張ってもう一回Aとるど~~~!!!

ブンブン♪

[PR]
by bolero74 | 2006-12-19 00:45 | 翻訳