41歳 気づけばすっかり子育て主婦。


by bolero74

産まれました

6月12日、予定日3日前の朝5時47分に、3178gで産まれました。

前日の検診で、妊娠高血圧症の可能性がある、てことで、急遽入院。

その日は朝から何度もおしるしがあったので、検診の後出産になったりして♩なんて軽い気持ちで入院鞄を車に積んでいたのですが、まさかの高血圧症の入院とは。。と、ブルー。

検査の結果、翌日の朝から陣痛促進剤をうつことに。

帝王切開の話や、輸血の同意書などにビビりながら、書類にサイン。
促進剤痛そうだな〜と思って、赤ちゃん、もう出てきていいんだよ〜なんて話しかけていました。

しかし夜になっても陣痛始まらず。諦めモードでいると、じわじわとした陣痛が。
でも30分や15分間隔の不規則なもの。

こんなんじゃ、ないな〜、と、腹くくって翌日の手術に備えて寝たところ、(前駆陣痛レベルだと眠れるあたり、経産婦)夜中の2時頃、そこそこ痛い陣痛。

助産婦さんを呼んで、モニターを装着すると、自分的には15分感覚?くらいで思っていたけど、「う〜んまだ来てないわね」と。
・・そう?汗。
そんな気もしたけど、一回くらい痛いの来たよね。。?
やっぱ二人目も同じくらい痛いのくるかぁ〜涙。

そのあと、陣痛がまたひいたのでウトウトして、4時頃再びの陣痛に目が覚める。

今回のはかなり痛い!てことで3回程感覚測ってみると、10分。
かなり痛くて、どうしようと思った時に、前回旦那に腰をさすってもらって楽になったのを思い出し、自分で押してみる。お、かなり効く!

しかも押す場所が結構下!これは終わりが近い!

今度こそ!と、4時半頃ナースコール。
「あら、子宮口もう6センチ!さすが経産婦さん」と言われ、陣痛の合間にLDRに移動。
5時。陣痛の合間にLDRから旦那に何度も電話するが、起きず。
お義父さんに電話して起こしてもらう。

そうこうしてるうちに陣痛は下へ下がり、便意をもよおす。

助産婦さんに、赤ちゃんよ、と言われ、安心&もう早く終わらせたくて、いきんでもいいですか?!と、少しいきんでみたり。

時計を見たけどまだ10分くらいしか経ってない。
旦那、まだのんびり着替えてるだろうな〜。待ってられん!と、先に産むのを決意。
とにかく陣痛のビッグウェーブを一回でも減らしたい!
と、また軽くいきんでみたりしてたら、助産師さんが「分娩入ります!」と。

え、いいの?!なんて思ってたら、「頭見えてるから」と。

こんなに早く終わるなんてラッキー!なんて心の中でほくそ笑みながら、分娩体勢に。

ところがここで予想外の展開。

一人目の時全く痛くなかった、出るときの痛みが!

聞いてないよ〜的な気持ちで、「イテテテテ」と言いながら、やる気をなくす。笑。

こんなに痛くちゃいきめない〜と、すっかり意気消沈する私に、「ほら、逃げない!」と医師から喝が入る。
ここで破水。ドロッとした感覚もイテテ。。

でもこれで少し楽になり、「逃げない!」と何度か喝を入れられながら、これで終わりじゃあ〜〜!!と、気合のいきみで、赤ちゃん誕生〜!!!

LDRに入って1時間弱。

超スピード出産でした。
[PR]
by bolero74 | 2013-06-12 07:47 | 妊娠