41歳 気づけばすっかり子育て主婦。


by bolero74

「姫君」 

山田詠美さんの小説。

この本に、というか彼女の小説に、ハマッタ~!

きっと世間からしたら、何を今さら?て感じなんだろうけど。。

ずーーっと家の本棚のよく見える所に「ぼくは勉強ができない」という、山田詠美さんの本があって、タイトルのあまりの軽さ(?)に、敬遠して読んでなかったんですが、なんとなく読む物がなくて読んでみたのでした。

まぁ想像通り、軽いタッチの本でした。

ただ、主人公の男の子、秀美(ひでみ)クンが、いい男なんだなぁ~。 笑。

17歳で、タイトル通り勉強ができない、というか勉強が出来ることに価値観を置いてないんだけど、自立した価値観を持ってて、女に精通(?)してる。

こんな17歳がいたら会ってみたいわ!!

彼の恋人(年上!笑)も、母親も、祖父も、みんな魅力的な人ばかりで (逆にそこがちょっと玉にキズだけど)、読み終えたら、え~もう終わり?て、寂しくなってしまいました。

・・で、きっと山田詠美さんの小説には、魅力的な男が登場するハズ! と、不純な動機から、他にないか 家の本棚をあさっていると、ありました! 

「姫君」
う~ん、魅力的なタイトル♪

a0083864_2352210.jpg


こちらは短編集で、最初にあった「MENU」では、狙い通り、素敵な男に出会えました。笑。

でも、本格的に ハマッタのは、まさにタイトルとなってる「姫君」。

朝の電車で読んでて、途中で切なすぎて泣きそうになって、一旦本を閉じました。
で、涙はこらえられたのに、鼻水が出てきて、あせった。

悲しい話 じゃないんです。

誰もが知ってる、恋愛の話なんです。

でも あまりに主人公の彼女や その彼の気持ちが わかりすぎて、一緒に苦しくてせつなくなってしまう。
一気に読んで、帰りには 山田詠美さんの違う本を買ってしまいました。
「姫君」は、少ししてから、もう一回、読みたい。 
家でお酒でも飲みながら どっぷり浸りたい本ですね。

多分 私が今山田詠美さんの小説にハマッタのは、”綺麗”な話 ではないからの気がする。

20代は、物事を善と悪、良い 悪い、綺麗 汚い ではっきりと区別して、なんとかいわゆる 善や良や綺麗 に近づきたいと思ってきてたんだけど、最近は、そうじゃない側の存在も、素敵に思えてきた。 

そっちに行きたいとは思わないけど、排除したいと思わなくなったのです。
つーか、排除とか、ありえないし、と、笑えるようになった、て感じですかね?

久々染みた本でした。
[PR]
by bolero74 | 2007-05-09 23:55 |