41歳 気づけばすっかり子育て主婦。


by bolero74

仕切りなおし

なんか いろいろたまっているようで。。笑。

先週、5月に1人で手がけてたドキュメントの最終チェックをかけたんです。

まずは ネイティブのチェック。 アメリカ人が私の書いた日→英翻訳を読んで、おかしいところがないかをチェック。 
結構自信ない箇所が沢山あったので、正直どんな風に返ってくるのか、ドキドキだったのです。。 
すると・・

意外にも あまり修正箇所なし。
たま~に the が抜けてたりとかで、大幅は修正はナシ。

あり?! と拍子抜けしたものの、 へ~こんなんでいいんだ? という気持ちから、→やるじゃん、私! そして →日英、意外と楽勝だな! と、どんどん調子こいていったのでした。

その後、社員の最終チェックへ。。

すると 

原稿は真っ赤に修正!

ほとんど原形をとどめてない箇所も多々・・

なんだよぉ~ アメリカ人が良いって言ってんだからいいじゃん!!
なんて 悔しまぎれに思いつつ、修正文を読んでみると、確かに、その方がいいよね・・という部分も。
日→英も、英→日と同じで、翻訳って、ただ 意味が通じればいい てもんじゃないですもんね。チェック担当のアメリカ人は、ただ意味が通るかどうか しか見てないので、逆にチェックが甘くなるみたい。
ただ、私のサポートしてる社員さんは 自分の好きな形の英語でないと納得いかないらしく、他の社員さんがOK出している部分までも修正かけてたので、多分やりすぎなんだろな。。

久々真っ赤に修正された自分の英語を見て、こいつはやりすぎのところがある・・とわかっていながらも、やっぱ 少し凹んだ。 笑。

でも、おかげで 自分の基本的な文法、特に冠詞に関しての意識の甘さを痛感することが出来た。 今まで正直、適当・・というか、ほとんど勘で書いてた(翻訳者失格!!)のが あからさまに浮き彫りになったのでした。

帰って早速、途中までやってほったらかしにしてた 英語のENGLISH GRAMMARの本の冠詞部分をチェック & アメ○アの今月の課題に取り組む。

週末に英語の勉強(?)したの、久々だなぁ。。 
最近アメ○アも全くやってなかったし。 今月の課題取り組む前に、前回ギリでA逃した課題文の見直しさえしてなかったので、そこから始めました。

いや~ すぐ楽な方にはしってしまう私みたいなタイプの人間には、凹むこと や 危機感を持つことは大切だな~と 改めて思いました。

今月のアメ○アの課題、頑張るぞーー!!
[PR]
by bolero74 | 2007-06-04 00:58 | 翻訳