41歳 気づけばすっかり子育て主婦。


by bolero74

運命のドレス選び ~寄り道編~

運命のドレスに出会う為に色々なドレスショップをめぐってきたここ最近。

最初はとにかくがむしゃらに 試着の予約を取っては訪問。

そんな中で 一件、ある意味 印象深かった所が・・・

それは 

桂 由美 さんの ドレスショップ。

あ、最初に言っときますが あくまでも私の趣味と嗜好に基づいた個人的な意見ですので、お気になさらず。。  (好きな方は ここでさよならしてください。)

まだシンプルドレスが良い!という結論に達する前の段階で、カタログをチラッと見て、わ~かの有名な 桂由美のドレスだ~ 綺麗だな~ と、半ミーハー的なノリで ドレス試着のアポを取った のがコトの始まり。。

実際試着に行く頃には すっかり シンプルドレス の方向性にシフトしてたので、なんとなく嫌な予感はしてたんです。

乃木坂の駅を出てすぐ、目に飛び込んできた 桂御殿。 ビル全体がウエディング一色。 

ゲーと思いつつ、彼氏の、「桂由美のポスターて、アパホテルのポスターとイメージかぶるよな」というつぶやきを聞きながら、それでもまぁせっかく来たし一応見るか・・と、受付を済ませてウエディングドレス試着の階へ。

エレベータのドアが開いて 目に飛び込んできたのは フリルカーテンやら ドレッシーな家具やら、そこで試着をしている お嫁さん&そのお母様/お父様(そんな感じ。「おかん」とかでは決してない)。。

こ・・これは・・・ ヤバイ!乙女すぎる!違いすぎる! と思いつつ 彼氏と小さくなってカタログのドレスを見ながら、「どうしよ。帰ろうか。。」「いや、せっかくだし、一応着たら?」「え~・・(だって着替えるのめんどくさいんだぞ)」なんてヒソヒソ会話。

担当のおばさんに「お嬢様」 と呼ばれ、そりゃないだろ・・と思ってたら 隣のお母様も「お嬢様」と呼ばれてて おいおい女は全員お嬢様かよ!! なんて心の中でつっこみつつ。

隣で試着してる お嬢様のドレスは まさに お姫様 で、あー私の求めてるタイプと違う・・ なんて思いながら フリフリに囲まれてカタログを見てると頭痛が。。

結局 下のフロアーにシンプル目のドレスを扱ってるフロアーがあって、(ただし そこはレンタルなし)そっちにまわしてもらえたので まだよかったんだけど(気に入る物はありませんでしたが)ほんと あの 乙女フロアーには まいった。。

今時 あんなの やっていけるのか?? と素朴な疑問がわいたのでした。

まあ 店員さんの接客は、さすがにしっかりしてましたけどね。

あれが 世界の桂か・・ と、カルチャーショック(?!)を受けた一日でした。
[PR]
by bolero74 | 2007-11-10 00:49 | 結婚